相続・遺言・公正証書・遺産分割など、遺産に関するご相談は、司法書士・行政書士が専門家です。近隣|野田市・流山市・柏市・春日部市・吉川市

商号の変更

商号の変更とは?

商号(社名)を変更したときは、株主総会の決議によって定款を変更し、その登記を申請する必要があります。

会社法施工前は、そのエリアで商号が重複してはならなかったため、商号を選ぶ際には、いちいち登記所にいって商号一覧をチェックするなど一苦労でしたが、現在は同所在地で同商号でなければ、他と商号が重複しても問題ありません。

したがって、商号は比較的自由に選定できます。

ただし、当然ですが、不正の目的をもって他の会社と間違えられるおそれのある商号を使用することは禁止されてます。

また、会社法では禁止されてない者の、世間に広く認知されている他の会社と似通った商号を使用すると、その会社から不正競争防止法上、差し止めや損害賠償請求される可能性があります。

現在はインターネットが普及しているので、商号を選定する場合は、その商号で検索してみるのも一つの手です。

使用可能文字

商号にローマ字等を用いることについて(法務省ホームページ)

必要書類

  1. 株主総会議事録
  2. 委任状(社印押印)

なお、商号変更によって会社の実印も変更することになるかと存じます。

登記上は義務ではありませんが、忘れがちになるので、商号変更手続きの際に、印鑑登録も併せて行われた方が良いと思います。

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 お問い合わせ無料電話番号 0120-914-115 お電話受付時間:平日の朝9時から夜6時まで
(携帯・PHSからもご利用いただけます。)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

早めのご相談を

法律問題というものは、病気と同じで悪くなってからお医者さんに行くのではなく、ちょっと気になる程度の時に相談するのがベストです。 しかし、悪くなってから初めて「どうにかしなくては」と思うのが人の常。なので、こサイトをご覧になった方だけでも、なるべく早め早めの相談をしてくださいね。

  • facebook

カレンダー

December 2017
« Nov Jan »
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Copyright © 染谷司法書士事務所 All Rights Reserved.