相続・遺言・公正証書・遺産分割など、遺産に関するご相談は、司法書士・行政書士が専門家です。近隣|野田市・流山市・柏市・春日部市・吉川市

自筆証書遺言

「自筆証書遺言」とは

遺言の内容を自らが全て自筆で紙面に手書きし、日付・氏名を署名し押印することにより作成する遺言方法です。パソコンやタイプライターによるものは無効ですので、お気をつけ下さい。

自筆証書遺言のメリット・デメリット

メリット
費用がかからないことと
いつでも作れること
デメリット

内容が、法律的に不備となってしまう危険があります。

法律的に不備となった遺言書を残しますと、後に紛争の種を残したり、遺言自体が無効になってしまう場合もあります。

誤りを訂正する場合には、訂正した箇所に押印、訂正箇所を付記し、さらに署名する必要があり、方式が厳格なので、ここでも不備の危険があります。

また、自筆証書遺言を発見した者は、必ず家庭裁判所にもって行き、相続人全員に呼出状というものを発送した上、その遺言書を検認するための検認手続を経なければなりませんので、手続きが大変です。

さらに、自筆証書遺言は、発見者に破棄したり隠匿や改ざんされたりする可能性があります。

このようにデメリットがたくさんある自筆証書遺言とは別に、公正証書遺言という方法があります。

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 お問い合わせ無料電話番号 0120-914-115 お電話受付時間:平日の朝9時から夜6時まで
(携帯・PHSからもご利用いただけます。)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

早めのご相談を

法律問題というものは、病気と同じで悪くなってからお医者さんに行くのではなく、ちょっと気になる程度の時に相談するのがベストです。 しかし、悪くなってから初めて「どうにかしなくては」と思うのが人の常。なので、こサイトをご覧になった方だけでも、なるべく早め早めの相談をしてくださいね。

  • facebook

カレンダー

October 2017
« Sep Nov »
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Copyright © 染谷司法書士事務所 All Rights Reserved.